エスティマエミーナ 買取価格 相場 よりも 高額 にする 裏技 を解説しています!今すぐ確認!
↓↓↓↓↓クリック!
http://自動車買取.so-net.or.jp/

エスティマエミーナ 買取 相場

エスティマエミーナの買取価格をエスティマエミーナの買取相場よりも高額にするための裏技を本音で語っています。

↓↓↓↓↓↓↓コチラをクリックして今すぐ確認してください!

【エスティマエミーナの買取価格を高額にする裏技はコチラをクリック!】

トヨタ自動車がかつて製造・販売していたエスティマエミーナ(Estima Emina)は、ミニバンタイプの乗用車です。エスティマエミーナとエスティマルシーダは姉妹車である。トヨタ店では「エスティマエミーナ」、カローラ店では「エスティマルシーダ」の呼称を用いていた。車名「エスティマエミーナ」は、「尊敬すべき」という「ESTIMABLE」、エミーナは「卓越した、抜き出た、高名な」という意味の「EMINENNT」から来ています。1992年に、「日本の道路事情に合うエスティマを」というニーズから生まれた初代エスティマを小さくした(5ナンバーサイズの)ミニエスティマで、「子エスティマ」の愛称が付いていた。エスティマと同じ、2ドア+助手席側スライドドアで、7人乗りと8人乗りがありました。競合車のバネットセレナに対抗するため、パーツ(特に内外装系)も親エスティマより安いものを使用するなど、徹底的にコストダウンし、本家エスティマとの違いをアピールした。セレナと同程度の値段に設定したこと、室内の広さをセレナより広くしたことや旧来のワンボックス車にはなかったスタイリッシュな外観などがウリとなっていた。ピーク時にはルシーダが約1万2000台、エミーナは約8000台もの月間販売台数を記録して月間4000台程度だったバネットセレナに大差をつけていた。しかし、1994年10月にホンダ・オデッセイが発売されると一気に減少してしまいました。その後、マイナーチェンジや特別仕様車の投入などをおこなったものの、1999年12月に統合という形で5ナンバーモデルのエスティマエミーナは、ルシーダと共に一代限りでモデル廃止となりました。

【運営者情報】自動車評価学会 エスティマエミーナ買取相場研究部会

性別: 男性 女性
職業: 学生 会社員 公務員 その他

年代:

リンク集| リンク集1| リンク集2| リンク集3| リンク集4| リンク集5| リンク集6| リンク集7| リンク集8| リンク集9| リンク集10| リンク集11| リンク集12| リンク集13| リンク集14| リンク集15| リンク集16| リンク集17| リンク集18| リンク集19| リンク集20| リンク集21| リンク集22| リンク集23| リンク集24| リンク集25| リンク集26| リンク集27| リンク集28

i2i無料WEBパーツ